器と雑貨 RAKU
金継ぎ

金継ぎ金継ぎ
金継ぎをお受けします
金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビの入ってしまった陶磁器を漆(うるし)で接着し、継ぎ目に金や銀の粉を蒔(ま)いて加飾する、日本古来の修復技術です。
金継ぎは、高価な器の修復と思いがちですが、決してそんなことはありません。
愛着のある器、使い勝手の良い器、大切な方から頂いた器など、ほかには代えがたい器に値段は関係ありません。
金継ぎの大きな魅力は、偶然のヒビや欠けに加飾された”金”によって、元の器とは違った“風情”と“味わい”が出てくることにあります。

RAKUでは金継ぎによる器の修復をお受けしていますのでご相談ください。

ホームお店案内商品カタログトピックス金継ぎお問い合わせ
ご注文についてお支払・送料についてご返品・配送中の破損についてギフトラッピング | プライバシーポリシー

Copyright ©  RAKU All Rights Reserved.